靴下や靴を清潔にしておく!

3ゴマージュで古い角質をとったりと足そのものの臭いケアも大切ですが、靴下や靴も清潔にしておかないと意味がありません。

靴下は酵素入り洗剤などでスッキリ殺菌して、天日でよく乾かすようにしています。

湿っていると足の臭いの原因菌を増やしてしまうのでとにかくよく乾かすことを大切にしています。

次に靴は毎日同じものを履かないようにしています。

3足程度をローテーションして履くようにすると、次に履く時までに靴の中までしっかりと乾燥させておくことができます。

また靴の中に湿気を感じた時は、ぬいでからパンプスであれば、除菌効果のあるウェットティッシュで拭き取ってからよく乾かすようにしています。

運動靴のように靴の内部が布製の場合は、スプレーの除菌効果のある臭い消しをシュッシュッとかけるようにしています。

脱いだ後のこの一手間をするだけで、臭かったわけではないのですが、なんとなく臭っていた玄関や靴箱の臭いがすっかりなくなりました。

また、パンプスなどの内部が汚れ知らずになるので、いつ座敷に上がることがあっても、靴の内部を誰に見られても恥ずかしくない状態に保てます。

雨の日で靴が濡れてしまった時は、新聞紙を丸めてより乾燥を促すようにしています。

足の臭いケアが1番の目的で取り組んでいますが、靴下も靴も綺麗な状態で保てるとてもいい習慣です。

足の臭いケアができる上に女っぷりもあげられるので、とてもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です